• トップ
  • 研修情報
  • 学習支援情報
  • 認知症について
  • 相談先リンク
  • センターについて


認知症家族介護教室テキスト
(認知症家族介護者に対する集団認知行動療法マニュアル)


認知症家族介護教室テキスト 【作成目的】
 認知症家族介護者の心理的負担と介護負担感の軽減を目的とした、認知行動療法に基づいた介護教室資材です。心理教育、行動マネジメント、介護者自身のストレス・マネジメントなどを組み合わせた複合的介入で、認知症介護者の抑うつ・不安の軽減効果が実証されているイギリスのSTARTプログラムを、日本に合うよう改編したものです。

【使用法】
 認知症家族介護者教室(全6回、1回2時間)を実施する際に使用します。教室ではパワーポイントファイルを映写、ならびに参加者の手元に印刷したものを配布します。ワード版は自宅でのふりかえり、復習に用います。

【使用の際の留意点】
 ご活用の際は、「このテキストは日本医療研究開発機構(AMED)の認知症研究開発事業の支援を受けて作成されたものです。課題番号:JP19dk0207033」とご記載ください。

【検証データ】
 12名の認知症家族介護者を対象に実施したパイロット研究では9名が完遂し、抑うつ、不安、介護負担が介入前後で有意な改善、BPSD重症度が改善傾向を認めました(藤澤大介, 色本涼, 田村法子, 他. 認知症家族介護者に対する集団認知行動療法プログラムの開発. 第33回日本老年精神医学会. 郡山市, 2018/6/30.)。
 パイロット研究の結果詳細は研究論文作成中のため、論文受理後に検証データ加筆予定です。本試験(ランダム化比較試験)は現在進行中です。

【資材のダウンロード】
●認知症家族介護教室テキスト
(現在は暫定版を公開、2020年1月末までに完成予定)
映写用 
自宅学習用 


BPSD予防・ケア資材一覧へ戻る