• トップ
  • 研修情報
  • 学習支援情報
  • 認知症について
  • 相談先リンク
  • センターについて

学習支援情報

ひもときシート“アシスト”を活用しましょう


ひもときシート“アシスト”は認知症の人を理解するためのシートです

平成20~22年に実施された認知症ケア高度化推進事業で開発された「ひもときシート」をベースにして、より考え方の流れや視点をアシストする構造に再構成したシートがひもときシート“アシスト”です。


ひもときシート“アシスト”の使い方

 ・ひもときシート“アシスト”は、左上のA欄から記入します。番号があるところは番号順に記入します。
 ・各欄に書いてある質問に対する答えを枠内に思いつくだけたくさん記入しましょう。
 ・一人で記入してもいいですが、チームで協力しながら記入することによって、認知症の人を理解する視点を統一
  することができます。


ひもときシート・ひもときシート“アシスト”は、目的に応じてそれぞれご活用ください

ひもときシートもひもときシート“アシスト”もそれぞれ認知症の人の理解を深めるためのツールです。目的に応じて使いやすい方を活用してください。一般には以下の様に考えるとよいでしょう。


〇オリジナルの「ひもときシート」については、ひもときねっとを参照ください

〇ひもときシートアシストについてより詳しく知りたい方は、
  テキスト:みえる認知症ケア ひもときシート”アシスト”BPSD改善ガイド
  を参照ください(注文はこちら