【運営】:認知症介護研究・研修センター(東京、大府、仙台)
  我が国の認知症介護に関する研究・研修の中核的機関として
  平成13年度に厚生労働省により設置されました

    お知らせ

    (自治体対象)認知症カフェに関する緊急アンケート

    [ 2020年07月22日掲載]

     
      令和2年度厚生労働省老人保健健康増進等事業
      「認知症カフェにおける新型コロナウイルスの影響と緊急事態宣言等の状況下における運営のあり方に関する調査研究事業」調査協力のお願い
     
      「令和2年7月豪雨」により犠牲になられた方に謹んでお悔みを申し上げるとともに、被害を受けられた皆さまに心よりお見舞いを申し上げます。
      さて、日ごろより、当センターの研修および研究事業にご理解とご協力をいただき、あらためて厚く御礼申し上げます。
      このたび、当センターでは、厚生労働省令和2年度老人保健事業推進費等事業により標記事業を実施することとなりました。
      本調査結果によって、新型コロナウイルスの次の流行への警戒と備えとして、できるだけ早期に認知症の人も高齢のご家族でも活用可能なネットワークづくりの手引書を作成し、皆様にお届けすることを目指しています。
      なお、回答につきましては、郵送させていただきました調査票にて同封の返信用封筒でご返信いただくか、以下より調査票をダウンロードいただき、メールまたはFAXでご返信いただくことも可能です。
      ご多用のところ誠に恐縮ではございますが、本調査の意義をご理解いただき、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

    調査票ダウンロードはこちら

     
     
    【調査内容に関するお問い合わせ先】
      認知症介護研究・研修仙台センター
      〒989-3201 宮城県仙台市青葉区国見ヶ丘6丁目149‐1
      電話022-303-7550 ファックス022-303-7565 研究責任者:矢吹知之 担当者:似内
      cafe-survey@dcnet.gr.jp