• トップ
  • 研修情報
  • 学習支援情報
  • 認知症について
  • 相談先リンク
  • センターについて
  • トップ > 
  • 新着情報 > 
  • 認知症介護指導者の地域活動に関する実態調査へのご協力のお願い

お知らせ

認知症介護指導者の地域活動に関する実態調査へのご協力のお願い

認知症介護研究・研修東京センター
センター長 山口 晴保
認知症介護研究・研修仙台センター
センター長 加藤 伸司
認知症介護研究・研修大府センター
センター長 柳 務
[平成29年8月7日掲載]

認知症介護指導者 各位

平成29年度 認知症介護指導者の地域活動に関する実態調査へのご協力のお願い

 時下、ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
 さて、平成13年度に始まった認知症介護指導者養成研修(以下、養成研修)の修了生は、16年が経過した現在、2,200名に達し、都道府県政令市が行う認知症介護実践者等養成事業(以下、実践研修等)での企画・立案・講師役のみならず、地域における様々な活動にも従事し、地域の認知症ケアの質の向上に貢献いただいているものと認識しております。

 認知症介護研究・研修3センターにおいては、平成27年度より養成研修を修了した認知症介護指導者にご協力をいただき、地域活動に関する実態調査を実施しております。その結果、認知症介護指導者が実践研修等のみならず、様々な地域活動を行っている実態が明らかになりました。これをセンター主催の報告会等を通じ、行政担当者だけではなく広く社会に周知しているところであります。
 認知症施策推進総合戦略(通称:新オレンジプラン)のもと、全国各地で様々な認知症施策が展開され、認知症介護指導者への注目度が増しております。認知症介護指導者と一体である3センターでは、今年度も引き続き認知症介護指導者の地域活動の実態を明らかにして、指導者の支援を含む今後の活動に生かすことを目的とし、アンケート調査を行うこととしました。
 つきましては、実施要項をご参照の上、Webサイト上でご回答いただきますようよろしくお願い申し上げます。

 ご多用のことと存じますが、今後の皆様の活動がより円滑に進み、地域包括ケア推進に貢献できますよう役立ててまいりますので、是非ご協力いただきたく重ねてお願い申し上げます。

 

【認知症介護指導者の方へ】

下記、調査書類一式を郵送しております。事前にご参照願います。
① 実施要項
② 調査マニュアル(回答の際に使用する「パスワード」を記載)
③ 昨年度の実態調査概要
  尚、過去の調査の詳細につきましては、「認知症介護情報ネットワーク(DCnet)」の平成27・28年度 認知症介護研究・研修大府センター研究報告書に掲載されております。

 認知症介護指導者の方は下記「実施要項」ボタンをクリックして調査サイトへお入りください。

実施要項ボタン

認知症介護研究・研修センター(平成29年8月7日)

【問合せ先】
社会福祉法人仁至会 認知症介護研究・研修大府センター
担当者:山口 喜樹
TEL:0562-44-5551 、Fax: 0562-44-5831yamaguchi@dcnet.gr.jp

 

関連情報
認知症介護指導者についてはこちらをご覧ください。
認知症介護指導者とはをご覧ください。
センター情報についてはこちらをご覧ください。
東京センターはこちらをご覧ください。
大府センターはこちらをご覧ください。
仙台センターはこちらをご覧ください。