• トップ
  • 研修情報
  • 学習支援情報
  • 認知症について
  • 相談先リンク
  • センターについて
  • トップ > 
  • 新着情報 > 
  • 認知症ケア研究誌発行に関する投稿規定を掲載しました

お知らせ

認知症ケア研究誌発行に関する投稿規定を掲載しました

認知症介護研究・研修東京センター
[平成29年9月21日掲載]
[平成29年10月25日更新]
[平成29年10月31日更新]

 認知症介護研究・研修センターでは、認知症ケア研究や指導者研修等の研修修了者の認知症ケア研究の成果を、国内外に広く伝えることを目的として「認知症ケア研究誌」の発行しました。「認知症ケア研究誌」は、オンラインジャーナルとして認知症介護情報ネットワーク(DCネット)ホームページに随時掲載しますので誰でも無料でダウンロードできます。なお、2018年度以降にJ-STAGEへも登録する予定です。
 認知症ケア研究誌「投稿論文」はこちらをご覧ください。

認知症ケア研究誌 投稿規定

 本誌は認知症ケア研究に関する投稿論文(原著、短報、総説、事例報告、地域実践報告)および特集、その他編集委員会が適当と認めたものを掲載する。言語は日本語(または英語)とする。採択された論文は認知症介護情報ネットワーク(DCnet)にてオンライン出版する(紙媒体の出版は行わない)。
 英文名称:Tokyo Journal of Dementia Care Researchとし、略称はTokyo J Dementia Care Resを用いる。

資料(PDF)

 本資料はこちらからダウンロードしてご利用ください。(平成29年10月24日)

認知症ケア研究誌 利益相反(COI)申告の方法

 認知症ケア研究誌への投稿論文の筆頭著者は、共著者全員の投稿時の前年1年間(1~12月)における、論文での発表内容に関係する企業・組織または団体との利益相反(COI)状態を、投稿時に申告してください。
 この様式に、該当する著者について個別に記入の上、該当する人数分を封筒に入れ封をして、その封筒の表に「利益相反申告書在中」と書き、編集委員長宛てに郵送してください。
 ただし、著者全員について該当項目がない場合は、筆頭著者が代表して署名後にPDFファイル・JPEG(スマホの画像)ファイル等で投稿時にメール添付していただいてもかまいません。
 利益相反申告の様式はこちらからダウンロードしてご利用ください。


関連情報
本センターの研究成果をとりまとめた「研究報告書」を掲載しています。
「センター研究報告書」をご覧ください。
東京センターの概要についてはこちらをご覧ください。
「東京センター情報」をご覧ください。