• トップ
  • 研修情報
  • 学習支援情報
  • 認知症について
  • 相談先リンク
  • センターについて

研修情報

認知症介護指導者養成研修 フォローアップ研修/大府センター

1.研修のねらい

認知症介護指導者フォローアップ研修は、認知症介護指導者養成研修修了者に対し、一定期間ごとに最新の認知症介護に関する専門的な知識や指導方法等を修得させることにより、第一線の介護従事者に対して最新の認知症介護技術を的確に伝達できるような体制を整えることをねらいとしています。

2.研修対象者

研修対象者は、次の(1)及び(2)の要件を全て満たす者のうち、都道府県知事又は指定都市市長(以下「都道府県知事等」という。)から推薦された者の中から、認知症介護研究・研修仙台センター(以下「センター」という。)長が認めた者とします。
(1)次のいずれかの要件に該当する者
 ① 認知症介護実践研修の企画・立案に参画又は講師として従事している者
 ② 認知症介護実践研修の企画・立案に参画又は講師として従事することが予定されている者
(2)認知症介護指導者養成研修修了後1年以上を経ている者

3.研修受講者と対象地域

センターの対象地域は、原則として下記の都道府県・指定都市です。

【中部地域】 富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、静岡市、浜松市、名古屋市
【近畿地域】 三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、京都市、大阪市、堺市、神戸市

          

4.研修内容

原則として「認知症介護実践者等養成事業の円滑な運営について」(平成28年3月31日老総発第0331第3号厚生労働省老健局総務課長通知)の別紙1の(7)の認知症介護指導者フォローアップ研修の標準的なカリキュラムにより実施します。

5.研修日程

第1回 平成30年11月9日(金曜日)~平成30年11月13日(火曜日)
第2回 平成31年2月18日(月曜日)~平成31年2月22日(金曜日)
※受講申し込み状況に応じて、開催回数を増減する場合があります。

6.受講手続

申込希望者は所管の都道府県・指定都市の認知症介護指導者養成研修担当課に問い合わせてください。

平成30年度 認知症介護指導者フォローアップ研修受講者募集要項(PDF版)

認知症介護研究・研修大府センター研修実施要項(PDF版)

平成29年度 認知症介護指導者フォローアップ研修カリキュラム

日程 時間 科目 内容 担当
1日目 9:00~ 開講式 オリエンテーション フォローアップ研修の全体像を理解し、研修への動機づけを高める。 センター職員
9:30~
12:30
認知症介護における課題解決の具体的方法
活動状況・課題等の報告と人材育成方法の検討
*これまでの活動状況や自職場・自身の課題等のプレゼンテーションを行う。
*ディスカッションを通して課題解決の具体的な方法を検討する。
*5日間で何を達成するのか、フォローアップ研修の目標を明確にする。
研修部
13:30~
17:30
認知症介護における課題解決の具体的方法
実践研修のカリキュラム改訂について
*実践研修(実践者・実践リーダー)のカリキュラム改訂に関する情報提供を受け、新カリキュラムに対応した科目のポイントを理解する。 研修部
2日目 9:00~
12:30
最新の認知症介護知識
基礎研修について
*基礎研修に関する情報提供を受け、基礎研修のポイントを理解する。
*基礎研修の講義・演習を体験し、ポイントを整理する。
研修部
13:30~
17:30
最新の認知症介護知識
カリキュラム改訂に伴う医学的知識について
*実践研修(実践者・実践リーダー)のカリキュラム改訂に関する情報提供を受け、新カリキュラムに対応した科目のポイントを理解する。 研修部
3日目 9:00~
17:00
認知症介護における効果的な授業開発
実践研修科目の授業設計
*新カリキュラムに対応した科目の中から、シラバス・教科書を参考に授業計画書、パワーポイントを作成する。(グループワーク) 研修部
4日目 9:00~
17:00
認知症介護における効果的な授業開発
実践研修科目の授業設計
*完成したパワーポイントの科目内容を発表する。
*ディスカッションを通して教育研修のあり方、そのポイントの理解を深める。
外部講師
研修部
5日目 9:00~
12:00
認知症介護における人材育成
人材育成方法の検討
*これからの認知症介護指導者の役割を明確にし、人材育成のあり方を考える。 宮島 渡
13:00~ 研修総括 *5日間の学びを振り返り、自身の今後の目標を明確にする。 研修部
16:00 修了式 *修了証書授与 センター職員

*平成30年度のプログラムは、近日公開予定です。