• トップ
  • 研修情報
  • 学習支援情報
  • 認知症について
  • 相談先リンク
  • センターについて
  • トップ > 
  • イベント情報 > 
  • 「行方不明を防ぎ、安心して外出できる地域作り」全国フォーラム~海外の取組みを参考に、それぞれができる地域づくりの進展を~のご案内

イベント情報

「行方不明を防ぎ、安心して外出できる地域作り」全国フォーラム~海外の取組みを参考に、それぞれができる地域づくりの進展を~のご案内

認知症介護研究・研修東京センター
[平成29年2月22日掲載]

【ねらいと概要】
 認知症の行方不明者が毎年1万件を上回り、行方不明をいかに防ぐか、またその発生時にいかに速やかに本人を見つけその命を守れるか、そのための一連の対応策や仕組みづくりが、すべての自治体/地域の急務の課題となっています。
 本全国フォーラムでは、海外の行方不明に関する取組みの最新情報を参考に、これからの取組みをより効果的に加速するための「鍵」は何かを紹介します。その「鍵」の一つ一つを国内の自治体や地域でどう活かしていくことができるか、すでにチャレンジを始めている多様な立場の方たちから、「何ができるか」をテーマに、実践を通じた最新の知見や試行錯誤の中で生み出した具体的な工夫等について報告いただきます。
 この機会を通じて、それぞれの立場でできることを見出し、多様な立場の人たちが力をあわせて、「認知症があっても行方不明にならずに安心して外出できる地域をつくる」アクションが進む一助にしていただければ幸いです。
 どなたでもご参加いただけるフォーラムです。ぜひ、地域の幅広い関係者にこのフォーラムをお知らせいただき、多くの方々がご参加下さりますようお願い申し上げます。

開催日時 平成29年3月3日(金) 10時30分 ~ 16時30分
会  場 コクヨホール(東京都港区港南1-8-35) 品川駅港南口 徒歩5分
プログラム こちらからダウンロードしてご利用ください。プログラム
対 象 都道府県行政関係者、市区町村行政関係者、地域包括支援センター職員、介護関係者、医療関係者、社会福祉機関関係者、警察・消防、企業、認知症の本人、家族、市民、教育・研究機関関係者・学生等 どなたでもご参加いただけます。
参加費 無料
定 員 300名
申込み 下記の「参加申込書」に記載いただき、当センター担当まで直接お申込み下さい。
先着順で受け付けます。参加申込み受け付けについては、ご返信いたしませんのでご了承願います。申込み定員を上回る場合のみ、ご連絡差し上げます。
お問合せ先 〒168-0071  東京都杉並区高井戸西 1-12-1 認知症介護研究・研修東京センター
「行方不明を防ぐ全国フォーラム」担当(永田、翠川)
TEL:03-3334-1150 FAX:03-3334-2156 mail:cmr@dcnet.gr.jp

【申込み方法】
「参加申込書」はこちらからダウンロードしてご利用ください。「参加申込書(Excel版)」
1.FAXでのお申し込みの方
 上記の「参加申込書」をダウンロードし必要事項を記入の上、FAXにて送信してください(FAX送信先:03-3334-2156)。

2.メールでのお申し込みの方
 件名を、『「行方不明を防ぎ、安心して外出できる地域作り」全国フォーラム申し込み』として、上記の「参加申込書」をダウンロードし必要事項を記入の上、cmr@dcnet.gr.jpまで送信してください。

プログラム
時 間 内 容
10:30~10:40 開会・あいさつ
10:40~11:10 1.行方不明にならずに安心して外出できる地域を、一緒に創る
  ~海外の取組み情報を参考に、取組みを進展させる鍵を探る~
認知症介護研究・研修東京センター
11:10~12:10 2.鍵を握るそれぞれの立場で、できることは何か
 1)【本人】 ヘルプカードやIT機器を自分が使い、安心・安全な外出を続ける
認知症ワーキンググループ 佐藤 雅彦さん
 2)【家族】 悲劇をくり返さないために、家族から伝え、備え、育て続ける
釧路地区障害老人を支える会 岩淵 雅子さん
12:10~13:10 休 憩 : 各地域のポスター・ 参考資料等の閲覧 ・ 情報交換
13:10~14:40  3)【都道府県】 都道府県と警察との連携を年々強化し、実態を共有しながら市町村・広域での行方不明者を着実に減らす推進
大阪府福祉部高齢介護室介護支援課地域支援グループ 坂口 達也 さん
大阪府警察本部生活安全部生活安全総務課 右田 敬冶 さん
大阪府警察本部生活安全部生活安全総務課 川崎 隆昌 さん
 4)【市区町村】 認知症施策の諸事業をつなぎ・活かして、行方不明のないやさしい地域を築く
加東市高齢介護課 石田 浩一さん
 5)【地域包括支援センター】 地域の人たち、交通機関等と模擬訓練や工夫を重ね、見守り・SOSネットワークを年々拡充
京都市岩倉地域包括支援センター 松本 惠生さん
叡山電鉄株式会社 鉄道部運輸課 小磯 正彦さん
14:40~14:55 休 憩 : 各地域のポスター・ 参考資料等の閲覧 ・ 情報交換
14:55~16:30  6)【介護事業者×企業×市民】 行方不明から安全に戻ることを願い、GPS機器を共に開発し、地域での迅速な発見を推進
行方不明から安全に戻ることを願う会 三木 泉さん
居宅介護支援事業所エーデルワイス北光 櫻井 正志さん
 7)【市民】 ふだんの暮らしのなかで、自分たちにもできることがある!~わんわんパトロール隊の活動を通じて~
矢巾町わんわんパトロール隊 荒川 和彦さん
矢巾町地域包括支援センター 鱒沢 陽香さん
3.まとめと今後にむけて
関連情報
本センターの研究成果をとりまとめた「研究報告書」を掲載しています。
「センター研究報告書」をご覧ください。
東京センターの概要についてはこちらをご覧ください。
「東京センター情報」をご覧ください。