• トップ
  • 研修情報
  • 学習支援情報
  • 認知症について
  • 相談先リンク
  • センターについて
  • トップ > 
  • イベント情報 > 
  • 『ひもときシート活用促進シンポジウム』開催のご案内(東京センター)

イベント情報

『ひもときシート活用促進シンポジウム』開催のご案内(東京センター)

認知症介護研究・研修東京センター
[平成29年1月4日掲載]
[平成29年2月3日更新]

★参加者を募集中です。募集締切日を平成29年月2月8日(水)まで延長しました。

『ひもときシート活用促進シンポジウム』参加者を募集いたします。下記、開催案内(PDF)を参照の上、FAXにて申し込みください。

【趣旨】
 認知症ケア高度化推進事業(以下、「高度化事業」とします)で開発された「ひもときシート」(詳細はhttp:// www.dcnet.gr.jpひもときねっと「ひもときシートを使ってみよう」参照)は、事実状況の集積や分析をするアセスメントとは異なり、事実と根拠に基づいたケアにつなげていくための「思考の整理」を行うものです。全国の認知症介護指導者のご協力をいただきながら、高度化事業のワーキングチーム委員が検討を重ね開発いたしました。
 介護者の思い込みや試行錯誤で迷路に迷い込んでいる状況から脱するために、「評価的理解」「分析的理解」「共感的理解」の考え方を学び、介護者中心になりがちな思考を本人中心の思考に転換し、課題解決につなげることを目的としています。
 このシンポジウムは「ひもときシート」を現場にどのように導入し活用していけばいいか、ケアプランとの連動や継続的な活用のための工夫等についてシンポジウム形式で学び、利用者本人の求めるケアを実現できることを目的として開催します。

開催日時 平成29年2月14日(火)13:00~16:00(受付12:30~13:00)
場所 認知症介護研究・研修東京センター内 2階大会議室
開催案内 詳細はこちらをご覧ください。。
「開催案内とプログラム」
参加対象者及び受講定員 認知症介護業務等に従事している方 120名
※ひもときシートの基本的な使い方について理解している方を対象としていますのでご留意ください。
参加費 3,000円
申込方法 下記をご参照ください。
お問合せ先 認知症介護研究・研修東京センター 研修部:中村・谷口
TEL:03(6743)2165 FAX:03(3334)2156
shidousya-kensyu@dcnet.gr.jp
アクセス 電車:京王井の頭線「富士見ヶ丘」駅より徒歩8分
※会場並びに会場周辺には駐車場がございませんので、公共交通機関をご利用ください。
交通のご案内・地図はこちらです

【申し込み方法】
「参加申込書」に必要事項を記入し、平成29年2月8日(水)までにFAXにてお申し込みください。
なお、「参加申込書」は、すべての欄のご記入をお願い致します。
定員になり次第締め切ります。受講が決定した方には受講決定通知を送付いたします。
「参加申込書」はこちらからダウンロードしてご利用ください。  「参加申込書」

(1)研修申込書に記載された事項については、参加者名簿管理及び当事業に関する情報提供やアンケートの お願いに限り利用させていただくことがあります

(2)当センターのホームページ(http:// www.dcnet.gr.jp)にも研修情報が掲載されています。

(3)自然災害等、やむを得ない事情により研修を中止・延期にすることがありますが、当センターによる交通 費・宿泊費等の負担は致しかねますのでご了承ください。

(4)当研修の参加者は「認知症ケア学会 認知症ケア専門士」の単位(2単位)が認定される予定です。

(5)募集締切り:平成29年2月8日(水)までにFAXにてお申し込みください(締切日を延長しました)。
  ※但し定員になり次第締め切ります。受講が決定した方には受講決定通知を送付いたします。

プログラム
時 間 内容
13:00~13:10 研修の目的・研修のプログラム
13:10~14:15 実践事例報告 ①
実践事例報告 ②
●ひもときシートの導入のポイント及び留意点
 ・職場の理解の得方(ひもときシートをどのように説明したか、段取り、書類等)
 ・無理なく効果的にシートを埋める工夫(記録との連動含む)
 ・意見が出やすくするための工夫等
●ひもときシート記入後ケアに活かすための工夫
 ・ケアプランとの連動
●全体を通じて、記入・活用のファシリテートをどうしたか等
14:15~14:25 休憩
14:25~15:25 質疑応答
15:25~16:00 ひもときシート開発者による解説・まとめ
関連情報
「ひもときシート」についての詳細を掲載しています。
「ひもときねっと」をご覧ください。
「東京センター概要」はこちら。
「東京センター」をご覧ください。