• トップ
  • 研修情報
  • 学習支援情報
  • 認知症について
  • 相談先リンク
  • センターについて
  • トップ > 
  • イベント情報 > 
  • 平成28年度『ひもときシートを活用した認知症ケアの気づきを学ぶ研修(講師養成コース)』開催のご案内(福岡開催 )

イベント情報

平成28年度『ひもときシートを活用した認知症ケアの気づきを学ぶ研修(講師養成コース)』開催のご案内(福岡開催 )

認知症介護研究・研修東京センター
[平成28年9月2日掲載]

今回実施する研修は、「ひもときシート」に関する研修を受講した方で、「ひもときシート」の意義と使い方を学び、利用者本人の求めるケアを実現できることを目的として開催します。
下記、開催案内(PDF)を参照の上、FAXにて申し込みください。

【趣旨】
 「ひもときシート」は、認知症の人に対するケアにおいて介護者の思い込みや試行錯誤で迷路に迷い込んでいる状況から脱するために、「評価的理解」「分析的理解」「共感的理解」のステップを踏んで、介護者中心になりがちな思考を本人中心の思考に転換し、課題解決につなげることを目的として開発されました。
 今回実施する研修は、「ひもときシート」に関する研修を受講した方で、「ひもときシート」の考え方・使い方に関する知識・技術を身に着けて、講師として活躍(活動・実践)できることを目的とします。

開催日時 平成 29年 1月9日(月)~1月10日(火) (2日間)
場所 〒810-0004 福岡県福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館3階 中会議室
開催案内 詳細はこちらをご覧ください。。
「開催案内とプログラム」
参加対象者 次の、①~③ すべての条件を満たす方
① 認知症介護実践リーダー研修修了者
 *認知症介護指導者養成研修修了者は①の研修修了者とみなします。
 *いずれかの修了証のコピーを添付
② これまでに「ひもときシート」に関する研修を受講し、実際にひもときシートを現場で活用した経験のある方
③ 研修修了後、講師養成コース修了者としてWeb上に氏名及び連絡先を公表することに同意いただける方
受講定員 受講定員60名
参加料 30,000円
申込方法 下記をご参照ください。
お問合せ先 認知症介護研究・研修東京センター 研修部:中村・谷口
TEL:03(6743)2165 FAX:03(3334)2156
shidousya-kensyu@dcnet.gr.jp

【申し込み方法と研修受講の流れ】

①「参加申込書」及び「登録承諾書」に必要事項を記入し、10/3(月)までにFAXにてお申し込みください。
※但し定員になり次第締め切ります
「参加申込書」及び「登録承諾書」はこちらからダウンロードしてご利用ください。 「参加申込書」及び「登録承諾書」

②事務局にて受講要件を確認後、決定通知および事前課題を送付いたします。事前課題では研修利用に同意の得られる任意の1事例について実際にひもときシートを活用した事例を提出していただきます(詳細は決定通知に添付します)。

③研修受講後、ひもときシートの指導に関する事後課題を提示します。事後課題を提出し、評価を行った上で合格と認められた方に修了証を発行します。(原則として合格するまで添削・指導します。)

④本研修の全課程を修了された方は、当センターにおいてひもときシートに関する講師養成コース修了者として登録させていただき当センターのホームページ上で、「講師養成コース修了者氏名」「所属施設・事業所のある都道府県名」「所属法人名」「所属施設名」を公表します。


プログラム (初日)
時 間 内容 講師等
9:30~10:00 受付
10:00~10:10 開会・オリエンテーション
10:10~10:40 ひもときシート作成の経緯 認知症介護研究・研修東京センター
10:40~12:00 講義・演習実施のポイント 認知症介護指導者
12:00~13:00 昼食・休憩
13:00~14:20 講義・演習実施のポイント 認知症介護指導者
14:30~16:30 ひもときシートの指導実践①模擬事例の指導 認知症介護指導者
プログラム (2日目)
時 間 内容
9:30~10:00 受付
10:00~10:05 開会
10:05~11:15 ひもときシートの指導実践②-1(受講者の持ち込み事例の相互指導)
11:15~12:30 ひもときシートの指導実践②-2(受講者の持ち込み事例の相互指導)
11:00~12:00 ガイドライン・実践者テキストについて(講義聴講)
12:30~13:30 昼食・休憩
13:30~14:30 ひもときシートの指導実践②-3(受講者の持ち込み事例の相互指導)
14:30~14:50 質問事項のとりまとめ
15:00~16:00 質疑応答
16:00~16:30 修了評価
16:30~17:00 事後課題と登録について
【諸注意】
●テキストとして「認知症ケアの視点が変わる『ひもときシート』活用ガイドブック」(中央法規)2,400円(税別)を利用します。既に購入されている方は、当日必ず持参してください。お持ちでない方で当日購入を希望される場合は、申込書のテキスト購入希望欄にチェックをお願いします。
●本研修は、①事前課題の提出、②研修の全課程への出席、③修了評価または事後課題の合格をもって修了となります。①事前課題については、受講決定時(受講決定通知)にご案内します。③修了評価として、研修2日目16:00-16:30「修了評価」時間にテストを実施します。テストに合格した方は、事後課題が免除となります。
*テストが不合格の場合は事後課題の合格をもって修了とします。事後課題は原則として合格するまで指導します。
●講師養成コース修了者として登録した後には、WEB上で氏名・所属法人等を公表しますので、WEBを参照した方から「ひもときシート」に関する講師依頼を受ける可能性があります。なお、当センターでは、WEB上で上記の情報を公表する以外に講師の斡旋・仲介は行いません。
●本研修会は認知症ケア学会の単位認定を申請しておりますが、参加証明書を発行するにあたっては認知症ケア専門士証が必ず必要になりますので忘れずにご持参ください。
● 自然災害等、やむを得ない事情により研修を中止・延期にすることがありますが、当センターによる交通費・宿泊費等の負担は致しかねますのでご了承ください。
● 宿泊施設の斡旋は行っておりません。各自で手配してください。
関連情報
「実践者1日研修コース」は
『ひもときシートを活用した認知症ケアの気づきを学ぶ研修』開催のご案内(実践者1日研修コース)をご覧ください。
「ひもときシート」についての詳細を掲載しています。
「ひもときねっと」をご覧ください。
「東京センター概要」はこちら。
「東京センター」をご覧ください。