• トップ
  • 研修情報
  • 学習支援情報
  • 認知症について
  • 相談先リンク
  • センターについて

センター情報

大府センター/研究者情報

伊藤 美智予(いとう みちよ)

認知症介護研究・研修大府センター 研修部 研修指導員

主な研究実績

【著書】
【論文】(査読あり)
◇伊藤美智予,中村裕子,汲田千賀子(2017)「認知症介護指導者養成研修における『研究的活動』プログラムの評価」『介護福祉学』23(2),156-160.
◇伊藤美智予,近藤克則,中村裕子(2016)「要介護認定データから作成したケアの質評価指標の妥当性の検証-ブラインドスタディによる特別養護老人ホームへの訪問調査を通して」『社会福祉学』第57巻第1号.
◇細川陸也,伊藤美智予,近藤克則,尾島俊之,宮國康弘,後藤文枝,阿部吉晋,越千明(2016)「『健康交流の家』開設による健康増進効果の検証」『社会医学研究』33(1),59-70.
◇坂口直司,伊藤美智予(2016)「開設後3か月のグループホームにおける課題-入居者・家族・介護職員を対象としたヒアリング調査を通して」『日本認知症ケア学会誌』14(4),827-836.
◇伊藤美智予,汲田千賀子,中村裕子,山口喜樹,加知輝彦(2015)認知症介護指導者を対象とした「研究活動継続支援プログラム」の開発と評価-認知症介護研究・研修大府センターでの試み『日本認知症ケア学会誌』14(2)519-530.
◇伊藤美智予,鈴木亮子,伊藤大介(2014)「認知症の人が活用しているインフォーマルサポートの種類と機能-認知症ケアマネジメントへの示唆」『日本認知症ケア学会誌』12(4),731-741.
◇伊藤美智予,伊藤大介,鈴木亮子(2014)「認知症ケアマネジメントにおける医療と介護の連携の現状と課題-医師からみたケアマネジャーとの連携への評価」『日本認知症ケア学会誌』12(4),743-762.
◇伊藤大介,近藤克則,伊藤美智予(2014)「介護者の認知症者に対する接し方の変化に関する研究-ケアマネジメントのプロセスとの関連」『日本社会福祉学会誌』54(4),41-56.
◇伊藤美智予,本田恵子,汲田千賀子,中村裕子,横井奈美,小長谷陽子(2013)「ケア実践者が研究的活動を行うことの意義と課題-認知症介護指導者養成研修における『個別課題プログラム』を通して」『日本認知症ケア学会誌』12(2),479-489.
◇伊藤美智予,近藤克則,泉真奈美,藤田欽也(2013)「要介護認定データを用いた特別養護老人ホームにおけるケアの質評価の試み-11指標群の作成と施設間比較」『厚生の指標』60(5),14-23.
◇湯原悦子,尾之内直美,伊藤美智予,鈴木亮子,旭多貴子,杉山尚子(2013)「介護者セルフアセスメントシートの開発」『日本認知症ケア学会誌』12(2),490-503.
◇湯原悦子,伊藤美智予,尾之内直美(2012)「家族介護者からみたケアマネジャーの支援」『日本福祉大学社会福祉論集』127,63-79.
◇伊藤美智予,鈴木亮子,尾之内直美,湯原悦子,旭多貴子,小長谷陽子(2011)「認知症の人の買い物に関する実態調査-A県における「家族・専門職」と「店舗従業員」を対象とする2つの調査を通して」『日本認知症ケア学会誌』第10巻第3号,325-338.
◇湯原悦子,尾之内直美,伊藤美智予,鈴木亮子,旭多貴子(2010)「認知症の人を抱える家族を対象にした電話相談の役割-認知症の人と家族の会愛知県支部が行う電話相談5,300件の分析から」『日本認知症ケア学会誌』第9巻第1号,30-43.
◇伊藤美智予,近藤克則(2008)「要介護認定データを用いた施設ケアのアウトカム評価の試み-要介護度維持・改善率の施設間比較」『社会政策研究』8,202-215.
◇伊藤美智予,近藤克則(2007)「アメリカのナーシングホームにおけるケアの質マネジメントシステムの現状と評価-マネジャーらへのヒアリング調査をもとに」『社会福祉学』第48巻第1号,153-166.

【論文】(査読なし)
◇伊藤美智予,近藤克則(2012)「ケアの質評価の到達点と課題-特別養護老人ホームにおける評価を中心に」『季刊社会保障研究』48(2),120-132.
◇湯原悦子,伊藤美智予,尾之内直美(2012)「家族介護者からみたケアマネジャーの支援」『日本福祉大学社会福祉論集』127,63-79.