「痴呆の人とともに暮らす町づくり」地域活動推進キャンペーン

選考経過

1.選考経過

 選考にあたっては、最終選考に先立って応募全作品(全エントリー数59、送付された数48)を21点に絞り込む第1次選考会を6月17日に行いました。第1次選考は、高齢者痴呆介護研究東京センター永田久美子主任研究主幹、同大府センター小長谷陽子研究部長、同仙台センター加藤伸司研究・研修部長が担当しました。
 7月14日の最終選考会では、まず奨励賞の選考が行われました。1.町ぐるみ実践部門(主査:北良治)2.新しい住まい方部門(主査:小宮英美)3.家族のユニークな活動部門(主査:長嶋紀一)4.権利擁護部門(主査:中島紀恵子)の4つの部門に分かれてそれぞれ選考を進めました。さらに、選考委員会全体会の場で4つの部門の 入賞理由が各部門主査から説明され、堀田力選考委員長の司会のもとに全員での確認が行われました。
 その後、特別賞の選考では、出席委員からの推薦により候補が出され、同じく全体で確認されました。最後に、堀田選考委員長より「私を選考委員長にご指名いただいたのは、市民主体で判断するように、とのメッセージかと思っています。本日の選考を通じて4つキーワードがあったように思います。一つは各方面の市民の参加ということであり、 二つ目はその市民が自分で考え動き出しているということで、ネットワークの横への広がり評価されました。三つ目としては痴呆性高齢者本人の能力を生かしている活動が評価されていました。四つ目のキーワードは子どもです。子どもとの関わりのなかで、高齢者本人も変わっていくすばらしい例が見られました。このキャンペーンを通じてさらに地域で 痴呆の人とともに暮らしていくことが豊かに広がっていくことを期待します」との総評がありました。

長谷川実行委員長 開会の挨拶の写真 慎重に選考を進める堀田選考委員長の写真 選考会場全景の写真

2.選考委員一覧

委員長 堀田 力 さわやか福祉財団理事長・弁護士
副委員長 末次 彬 (社福)全国社会福祉協議会副会長
委員 板山 賢治 (社福)浴風会理事長


北 良治 北海道 奈井江町長


小宮 英美 日本放送協会解説委員


柴山 漠人 高齢者痴呆介護研究・研修大府センター長


高見 国生 (社)呆け老人をかかえる家族の会代表理事


高村 浩 弁護士


長嶋 紀一 高齢者痴呆介護研究・研修仙台センター長


中島紀恵子 新潟県立看護大学学長


中村 秀一 厚生労働省老健局長


中山 二基子 弁護士


梨元 勝 芸能レポーター・函館大学教授


長谷川和夫 高齢者痴呆介護研究・研修東京センター長


本間 昭 東京都老人総合研究所精神医学部長


森岡 茂夫 国際長寿センター理事長


横山 進一 住友生命保険相互会社取締役社長 (アイウエオ順)


TOP
キャンペーンの開催趣旨
●キャンペーン
奨励賞・特別賞決定
▲町ぐるみ実践部門
▲新しい住まい方部門
▲家族のユニークな活動部門
▲権利擁護部門
▲特別賞
▲選考経過
▲選考委員一覧
●バルブロ・ベック=フリス教授講演「痴呆性高齢者の緩和ケア」
●「痴呆の人とともに暮らす町づくり」地域活動推進キャンペーン授賞式・地域活動報告会
実施要領
▲目的
▲主催
▲実行委員会
▲実施内容
■問合せ先
キャンペーン事務局
電話/FAX:03-3334-3073
RVA2A029@dcnet.gr.jp





Copyright 2002 認知症介護研究・研修センター